サポートを行う業者に任せる適した保険選び

逓増定期保険とは

一般には馴染みが無いが利用増加傾向

逓増定期保険は、一般には馴染みが無いが、中小企業等が節税と将来の退職金確保の為利用する場合いが増えてきているようである。 逓増定期保険の特徴は、満期保険金が無い、掛け捨ての保険ではあるが、解約する時の戻り率が契約後早い段階で高率になるので、この特徴を活かして法人の節税等財務強化と役員等の退職金の準備として活用されている。逓増定期保険を節税として利用するには、支払った保険料の二分の一を損金として計上出来るところにある。 即ち、逓増定期保険は、通常は支払った保険金の半分を損金処理をすることで、節税となり、万が一の時は死亡退職金として準備できるところにある。 保険に拘わる条件は、保険会社によって種々異なるので、目的にかなったものを選択していけばよい。

保険加入時の年齢等条件に注意

逓増定期保険は、掛け捨て保険であり、満期の受け取りが無いことを十分承知の上で始めることである。 節税対策として利用する為の条件として、保険期間満了時に於ける被保険者の年齢が45歳を超えるものとか、保険料の損金割合の条件等が決められているので予め把握しておくことである。 又、早期解約の戻り率が高く、早くやってくるといっても、戻り率のピークの時期を過ぎてしまうと徐々に解約返戻金は減っていくので注意を要する。 保険を取り扱う機関も多くなってきていると共に、その条件も異なってきている。節税とか、保険金額等の保険そのものの条件だけでなく、その保険を取り扱う、業者の財務体質、顧客に対する姿勢等総合的に判断していくことが肝心である。

» ページのトップへ戻る